ARCHITECTURE & INTERIOR DESIGN

病院再生プロジェクト

作業の流れ

工事中でも診療できるの?という不安をお持ちだと思いますが、そこは大丈夫。改修中も診療を続けることができます。
コンサルティングの段階で入念な調査を行い、可能な限り通常診療への影響を軽くいたします。

1. ご相談・申し込み 電話、メール、ご紹介にてご相談・お申し込みいただきます。受付後こちらよりご連絡させていただきます。近所であるという方はもちろん直接CASEへ来られても構いません。
2. コンサルティング1回目 ご要望、現在の問題点、条件、イメージの確認などの打ち合わせを行います。
3. 調査診断 コンサルティングの内容を基に、敷地調査、既存平面調査、既存仕上げの調査、既存躯体の調査、建築基準法の適合性、消防法の適合性、耐震診断既存電気、給排水、空調、防災等設備、システムの調査を行い、診断・報告書を作成いたします。
4. コンサルティング2回目 調査・診断報告書を基に、既存建物の現状を把握して頂き、条件、ご要望、問題点の再確認と、改修メニューの確認、コスト計画、工程計画の基本計画立案を検討致します。
5. 基本設計 病院担当者、または現場の責任者と打ち合わせ、検討を重ねながら基本設計書を作成致します。
6. 実施設計 基本設計所でまとまった案に基づき、建物の工事の見積り、施工に必要な実施図面(仕様書、建物設計図、構造設計図、設備設計図)を建物性能、グレード、コストを考慮しながら作成致します。
7. 施工業者選定・工事請負契約 実施図面、現場説明書、要領書を基に現場説明会を行い、最低価格業者からの見積りをチェックし、施工業者との工事契約のサポートを行います。また、ご要望や状況によっては1社に絞って見積もり合わせをする場合もあります。
8. 施工管理 工事請負契約に基づき施工をチェックし、施工業者より提出される書類や現場での確認検査を行います。
9. 工事竣工 工事が竣工後、設計図面通りに工事ができているか設計管理者により設計管理者により竣工検査を行います。手直し等終了後、施主竣工引渡検査を施主立会いのもと行い、検査合格後竣工図面、引渡書類を確認していただいた後建物を施主引渡となります。竣工後、1年・2年検査、アフターメンテナンスの説明も行います。
↑